FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿武松

イエバエを使って、家畜の糞を分解して肥料や飼料を同時に作るという技術を福岡の「MUSCA(ムスカ)」という会社が開発したんだそうです。
具体的には、家畜の糞尿(ふんにょう)に改良を続けた「エリートのイエバエ」の卵を置くんです。そうすると、ふ化した幼虫が出す酵素で有機肥料化されて、しかもイエバエの幼虫は良質な動物性たんぱく質として飼料になるんだそうです。

食糧不足をカバーする画期的な開発なんですが、驚くことに最初に開発したのは旧ソ連で、その研究を引き継いだっていううですからね。確かに昔のソ連は食糧事情も大変だったでしょうから、旧ソ猫を噛まないで、イエバエの幼虫を噛むの例えなんでしょうか?

最近の子どもたちは、あまり食べませんね。米離れしているってテレビでやってました。昔だったら大変ですよ。白い米がご馳走だったんですからね。
落語の「阿武松」なんか、飯を食いすぎるからって、部屋から追い出されたんですもんね。

それから200年。阿武松親方と言えば、元益荒男。元貴乃花親方と貴乃花一門で行動を共にした親方で、今回の騒動では大変だったでしょうね。
現役時代は白いウルフと呼ばれて人気でした。この方も福岡出身。やっぱり、魚が美味しいところで育った方ですからね、取り口が違ってました。

差し身(刺身)がうまかった。

masurao.jpg


スポンサーサイト

三年目

「チョコフレーク」の価格が高騰してるんですって。森永製菓の「チョコフレーク」。
ネット上なんですけど価格が通常200円のものが、2倍とか3倍になってるんだとか。

製造していた工場が、来年の12月に閉鎖することもあって、生産を終了するらしんですが、そういわれると食べておきたいなあって思います。わかるよな。なくなるとか、限定とか、言われるとなんだか欲しくなる。

男と女の関係もなんか似てる気がしますよね。いつも会えると思えば、なんてことないんだけど、会えないとなると恋しくなる。でも、合わなさ過ぎてもだめんなる。

「三年目」って噺があります。亡くなったおかみさんが幽霊になって三年目に出てくる。髪の毛が伸びるまで待って出て来たなんていじらしい。

さて、チョコフレークは、軽い触感とテレビを見ながら食べれることで、人気となったんですが、昨今ではスマホを見ながら食べる人が増えたことで、手がべたつきやすい商品は敬遠されるようになったんだそうです。

確かにスマホがチョコレートだらけになってしまいますからね。食べるなら食べる、見るなら見るにすればいいんです。男女の仲もいっしょでしょ。つまみ食いするからよくないんです。
ええ?そんな考えは時代遅れだ?
年寄りだと思って馬鹿にするんじゃない。チョコのついた手と同じように扱わないでくれ。

なめんじゃない。

ty.jpg






芝浜

今日で、築地が83年の歴史に幕を下ろしました。
週明けの11日からは豊洲でスタートですね。なんだか、てんこ盛りで問題があったようでしたが、結局解決したんですかね。
当初は小池知事の動向がかなり注目をあびてたようなんですけど、落ち着くところへ落ち着いたのかなあ。

寂しい気もしますよね。東京時代は、築地のそばを通って会社に通ってましたから。魚河岸と言えば築地。
でもその前は、「芝浜」にも出てきますが、河岸は、日本橋だったんですから、それを考えると東京は埋め立てだらけ。
紐解いてみると、大正時代のの関東大震災の瓦礫処理で埋め立てられたんだそうです。豊かな土地になるようにと、つけられた地名なので、これからは、昭和の流行歌みたいに、言われるようになってもらいたいです。

河岸(歌詞)が素晴らしい。
なんちゃって。

sukiyaki.jpg

水屋の富

すったもんだがあって、久しぶりのブログです。

実は外付けのハードディスクが壊れてしまいました。
いろんなデータがパーになりました。バックアップなんて取ってないし。大ショック。

これからあれだけの情報を集めるとなると大変です。
でも、呆然としている反面、なんだかほっとしているんですね。
考えてみると、これまで情報を集めて活かすことよりも、集めることに必死になっていたようで、半ば強迫観念みたいな。
本当に必要な情報ってそんなに多くないんじゃないかとふっと思いました。

そう、まるで「水屋の富」みたいに、お金がなくなってホットしたような。
誰かがそろそろ終活の時期だから、捨てることも大事だって言ってました。そうだよなあ、もうそういう年齢だよな。

でもやっぱり、ハードディスクは便利でよかった。ああ、データどうしようぉ~。
防災もそうだけど、そういうもしもの時のための対応はしっかりしておかないといけません。危機管理が甘かった。
これが本当のディスク(リスク)管理。

今度は自分が壊れそう~。

hard.jpg


たがや

暦の上では、秋なのに、まだまだ、暑さが続いています。一週間程前は少し過ごしやすかったんですけどね。

昨日テレビを見てたら、「列島警察捜査網 THE追跡」っていう番組をやってました。世の中いろんな人がいますね。なかでも面白かったのが、夜中下着をつけないで超ミニスカートをはいて歩いている女性がいるという事件。

なんとその人本当は女性じゃなくて、女装した男性だったそうで、そのミニスカートからは「ぶつ(テレビではそう言ってました)」がはみ出ていたとか。当人の言うのには、何年か前からそうしてるんだって。涼しくて気持ちがいいんだそうです。まあ凄いですね。大きさじゃないですよ。そうまでして涼をとりたいんでしょうか?

そんな頭の中も変になりそうな暑さの中、今度、お寺の夏祭りに呼ばれて、漫談と玉すだれをすることになりました。じゃんがらや花火も打ち上げられます。豪華でしょ。お近くの方は是非お越しください。抽選会もありますから。

でも、なんですよね、花火と言えは、落語では「たがや」。
大好きなネタなんですけど、以前、病院でこのネタやって、「殿様の首が中天高く舞い上がった」ってやっちゃったもんだから、「気分が悪くなった」っていう患者さんが出てきちゃったりして。それからは、やらなくなりました。
また、今年も上げる機会がありませんでしたね。来年はできるかな?

前述の「ぶつ」を出しながら歩いてた女装の男性。ちゃんとその後、パンツをはいたんでしょうか?はいたら、はいたで妙なかんじですよね。ワカメちゃんのできそこないみたいだもんなあ。

だけどもしも、そんなふうに出してたのが花火の当日だったら、きっと大変な騒ぎになってたでしょうね。
それを取り囲んでいた、見物人が思わず言うでしょう。
「たまや~!!」「さおや~!!」
ジュー。

…なんちゃって。

natumaturi.jpg


プロフィール

sanshoyakotsubu

Author:sanshoyakotsubu
アマチュア落語家、山椒家小粒(さんしょやこつぶ)です。福島県いわき市を中心に活動しています。落語を通じていろんな方との輪を広げていきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。